借り換えでカードローンを一本化

消費者金融等が行っている個人向けカードローンは、担保や保証人を準備することなく審査に申し込む事が出来ます。

審査前の面倒な準備が不要という事で、多くの人が利用しています。審査時間も短いので、急にお金が必要となった場合はたいへん便利な内容です。

担保や保証人が不要という事は、返済不能となった場合には業者側は利益を回収出来ないという事になります。このために、担保や保証人を必要とする商品よりも融資額は少なくなります。

審査時間が短いという事は申し込み者について十分に調査する事が出来ないという事になり、元本を早く回収する必要が生じるので金利は高く設定されます。

少額融資で金利が高い商品を複数利用している場合は、返済する金額は大きくなってしまいます。

このような状況になった場合に負担を減らす方法として用意されているのが、借り換えによる一本化です。

カードローンは利息制限法という法律に基づいて行われており、元本が大きくなるごとに金利が低くなっていくという仕組みです。

一本化する事で金利を低くする事が出来れば、返済する金額も少なくなります。借金総額が変わらないので、負担が増えるという事はありません。

リスクを増やすことなく、返済だけを軽くするという内容です。







同じカテゴリーの最新の記事

  • 借り換えで金利が引き下げられる?

    経済的弱者の立場にある債務者の保護を目的としている利息制限法は、元本により上限金利は変動します。 10万円未満の場合は年20%、10万円以上100万円未満の場合は18%、100万円を超える場合は15%が上限となっています。 ...


  • 借り換えでカードローンを一本化

    消費者金融等が行っている個人向けカードローンは、担保や保証人を準備することなく審査に申し込む事が出来ます。 審査前の面倒な準備が不要という事で、多くの人が利用しています。審査時間も短いので、急にお金が必要となった場合はたいへん...


  • 借り換え低金利キャッシングにのりかえる

    借り換えで低金利のキャッシング、カードローンに乗り換える! お金を借りた場合には、借りた金額に金利を加算して返済しなくてはなりません。同じ金額を借りている場合は、金利が低い方が返済する金額は少なくなりま...