借り換えで金利が引き下げられる?

経済的弱者の立場にある債務者の保護を目的としている利息制限法は、元本により上限金利は変動します。

10万円未満の場合は年20%10万円以上100万円未満の場合は18%100万円を超える場合は15%が上限となっています。

金融業者が提供している商品は利息制限法の範囲内でサービスが提供されており、元本が大きくなるほど金利は低くなっています。

このために同じ100万円の金額を借りる場合は、5社から20万円ずつを借りるよりも1社から借りる方が金利は低くなります。金利が低くなるという事は、返済する金額が少なくなるという事です。

借り換えは返済する金額を少なくする事を目的としており、元本が大きくなるほど金利が引き下げられる利息制限法を生かした内容です。

借りている金額自体は変化しないので、信用情報に悪影響を及ぼす事はありません。デメリットなしで、負担を軽くする事が出来ます。

100万円を借りている場合の1%の違いは、1年間で1万円になります。

20万円を利用している場合の利息制限法の上限が18%に対して、100万円では15%になるという事は3%違うという事です。返済期間が長くなるほど金額の違いも大きくなっていきます。







同じカテゴリーの最新の記事

  • 借り換えで金利が引き下げられる?

    経済的弱者の立場にある債務者の保護を目的としている利息制限法は、元本により上限金利は変動します。 10万円未満の場合は年20%、10万円以上100万円未満の場合は18%、100万円を超える場合は15%が上限となっています。 ...


  • 借り換えでカードローンを一本化

    消費者金融等が行っている個人向けカードローンは、担保や保証人を準備することなく審査に申し込む事が出来ます。 審査前の面倒な準備が不要という事で、多くの人が利用しています。審査時間も短いので、急にお金が必要となった場合はたいへん...


  • 借り換え低金利キャッシングにのりかえる

    借り換えで低金利のキャッシング、カードローンに乗り換える! お金を借りた場合には、借りた金額に金利を加算して返済しなくてはなりません。同じ金額を借りている場合は、金利が低い方が返済する金額は少なくなりま...